春といえば新生活。年々、季節にあわせた展示・セールは前倒しになり、1月末の時点で、ホームセンターやインテリアショップ、家電量販店などは、新生活家電・新生活アイテム一色だ。

 BDレコーダーやドライヤーのように、持ち帰り可能なサイズの家電は、年度末決算セールの最終日、3月最終週の土日が最も安くなるが、配送・設置が必要な洗濯機や冷蔵庫などの大型家電は、1月後半以降、早めに購入し、搬入日を指定して取り置いてもらったほうが配送日の希望が通りやすい。生活に欠かせない家電は、安さより、搬入日を重視したほうが安心だ。
 
3月中に確実に配送・設置希望なら早めに購入しよう

早まる春商戦にあわせ、さまざまな還元キャンペーンが開始

 スマートフォン決済サービス「au PAY」のアプリ名一新・リニューアルを記念し、KDDIは、決済額に応じて最大7万円相当のポイントを還元する「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」を2月10日に開始する。
 
2月10日からスタートする「誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーン」

 対象は、au PAY加盟店全て。つまり主要家電量販店でau PAYのコード支払いで対応すると、誰でも決済金額の20%(税込200円ごとに40ポイント)、最大合計7万円相当のポイントをゲットできる。キャンペーン分のポイントは2カ月以内に付与予定。

 今回の「毎週10億円!もらえる」キャンペーンのルールは少し複雑で、2月10日から3月29日までのキャンペーン期間を3つに区切り、ステージ1(2020年2月10日~3月1日)、ステージ2(3月2日~3月22日)は3万ポイントだが、ステージ3(3月23日~3月29日)のみ1万ポイントと、還元の上限が減る。つまり、税込15万以下の同じ価格の製品なら、「キャンペーンラスト1週間より前」に買ったほうが多く戻ってくる。

 しかも、月曜~日曜日の7日間ごとに、還元額の合計10億円に達し次第終了となり、土日は毎週キャンペーンが終了している可能性がある。ステージごとに還元上限はリセットされるものの、ほぼ確実に還元が受けられそうなチャンスは、2月10日、3月2日、3月23日の3日間しかない。
 

 au PAYは、これまで決済一回当たりの上限が4万9999円だったため、クレジットカードなどに比べ、使い勝手が悪かった。しかし、2月4日のアプリ名一新にあわせ、上限を25万円に引き上げる。この誰でも!毎週10億円!もらえるキャンペーンと上限引き上げのダブル効果で、2月10日以降、家電量販店で利用するユーザーが増えそうだ。
 
au PAYは、2月4日からより使いやすくリニューアル

 このほか、NTTドコモは、dポイント加盟店を対象に、2月1日から買い回りまたはリピート購入で、抽選で最大3万ポイントをプレゼントするキャンペーン「GO!GO!スーパーチャンス」を実施する。共通ポイントやスマホ決済のポイント大幅還元/ポイントプレゼントキャンペーンは、早まる春商戦をますます後押ししそうだ。(BCN・嵯峨野 芙美)