NTTドコモは1月22日、2030年頃のサービス提供開始を目指し、第6世代移動通信システム(6G)に関するホワイトペーパーを公開した。

6Gに向けた技術コンセプト

 このホワイトペーパーでは、プレサービスを提供中の5Gの高度化、次なる6Gによって期待される、さまざまなユースケース、目標性能、技術要素などの技術コンセプトをまとめている。
 
5G evolution、6Gのユースケースイメージ

 移動通信システムは、おおむね10年ごとに世代交代している。ドコモは、10年ほど前から5Gの検討を開始した。18年からは、5Gの高度化(5G evolution)、6Gに向けた検討と研究開発を進めており、6Gに向けて、さらなる高周波数帯の開拓を目的とした150GHz帯の超広帯域電波伝搬測定装置の開発に成功している。今後も引き続き、5G evolutionと6Gの技術規格の検討・研究開発を進めていく。