スマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」を提供するPayPayは、2020年2月1日0時から2月29日23時59分まで「全国6,500店舗以上の有名飲食チェーンで『40%戻ってくる』キャンペーン」を開催する。

主な対象店と還元例

全国6500店舗以上の有名飲食チェーンと自動販売機が対象

 全国6500以上の対象飲食店や21万台以上の自動販売機「Coke ON」での支払いを、チャージ済みのPayPay残高で行うと、1回500相当、期間中1500円相当を上限に、支払った金額の最大50%(Yahoo!プレミアム会員50%、他は40%)をPayPayボーナスとして付与する。
 
「いつもどこかでワクワクペイペイ」が還元率がアップして復活

 なお、今回のキャンペーンは、月替わりキャンペーン「いつもどこかでワクワクペイペイ」20年2月分として実施。3月はスーパーマーケットを対象として実施することを予定している。

 今年2月1日からPayPayが利用が可能になる牛丼チェーン「すき家」のほか、「吉野家」「すき家」「松屋」「はなまるうどん」「サンマルクカフェ」など、対象店舗は後日公表予定のキャンペーンサイトに掲載する。
 
対象店舗の運営企業名と店舗ブランド名一覧

 ヤフーカードでの支払いは対象外。また、Yahoo!プレミアム会員のほか、ソフトバンク/ワイモバイルのスマホユーザー(所定の端末認証を行い、PayPayアカウントと連携したユーザー。法人契約や一部の端末、料金プランは対象外)も50%還元となる。
 
久々の大型還元キャンペーンとなるため、発表会も開催された

「PayPay請求書払い」が通信販売の請求書に対応

 同時に、PayPayの主要機能の一つ、「PayPay請求書払い」が通信販売の請求書(払込票)に対応したと発表した。20年1月17日から「キューサイ」「さくらの森」「長寿の里」「やずや」「わかさ生活」をはじめとする27社の通信販売に対応し、1月中に約80社の民間企業による商品・サービスの通信販売などにも対応する予定。

 PayPay請求書払いを利用すると、支払額の0.5%がPayPayボーナスとして付与される。