銀行口座と紐づいたスマートフォン(スマホ)決済サービス「J-Coin Pay」は、キャンペーン第1弾として、利用者全員で2020万円を山分けする「使ってもらえる!祝2020キャンペーン」を開始した。

使ってもらえる!祝2020キャンペーンの当選チャンスは3回

 12月10日~2020年1月31日までの期間中、J-Coin Pay加盟店で累計1000円以上をJ-Coin Payで支払うと、決済利用金額に応じて配分し、決済金額の最大15%(上限1万円)がキャッシュバックされる。キャンペーン名の通り、利用者全員で山分けするので、利用者が少ないほど高額キャッシュバックとなる可能性が高まる。

 抽選回数は期間を区切って3回。キャッシュバック分は、キャンペーン各期間終了後、1カ月前後を目安にJ-Coin Payにチャージする。
 
キャンペーン実施期間 

 J-Coin Payは、みずほファイナンシャルグループのみずほ銀行が提供する、銀行口座と連動したスマホ決済サービス。「送金」機能が充実しており、登録した金融機関の預金口座との入出金(アプリにチャージ/口座に戻す)はいつでもどこでも無料で実行可能。つまり、山分けキャンペーンでゲットしたJ-Coin Payのチャージは無料で口座に戻せる。
 
J-Coin Pay加盟店
 
 銀行Payの先駆けとして、2019年3月1日にスタートしたものの、当初は加盟店も連携可能な金融機関も少なかったが、加盟店に関しては10月以降、ようやく増え始めた。
 
J-Coin Payのメリット

 具体的には、ファミリーマート、ココカラファイン、ウエルシア薬局、エディオングループ、ビックカメラ・コジマ、ソフマップ、マックハウスグループ、モンテローザグループ、ヤマダ電機グループなどが加わった。参画金融機関も全国60余りに広がっている。