発行する際、よく聞く国際ブランドのクレジットカード。利用可能な店舗を決める非常に重要な要素だが、「どれでもいいか」と何となく決めてしまうこともあるのではないだろうか。ただ、できればお得に使いたいといえよう。そこで、失敗しない国際ブランドの選び方を徹底解説。国際ブランドの中でも特に人気のある、「Visa」「Mastercard」「JCB」の三つに絞って、メリット・デメリットを比較する。

そもそも国際ブランドのクレジットカードって何?

 ご存じだとは思うが、クレジットカードの国際ブランドとは何か。要は、世界中の国や地域で利用できるカードで、例えばVisaのマークがついているクレジットカードならVisa加盟店で、MastercardのマークならMastercard加盟店で利用が可能だ。国際ブランドのクレジットカードは複数あるが、その中でも、Visa、Mastercard、JCB、この3ブランドは知名度と人気が非常に高く、世界中に多くのユーザーが存在する。

 他にも国際ブランドには「アメリカン・エキスプレス(アメックス)」「ダイナースクラブ」などもあるが、初めてクレジットカードを発行するなら、Visa、Mastercard、JCBがおすすめといえよう。

Visaの「メリット」「デメリット」

 では、3ブランドのメリットとデメリットを説明する。

 まずはVisa。最大のメリットは、何といっても圧倒的な加盟店数だ。全世界5000万店舗以上でVisaのクレジットカードを利用でき、海外旅行など、日本以外でも活躍してくれる。
 
Visa

 また、決済手段としての信頼性も高く、セキュリティの心配がなく安心して使うことができるのも人気の理由だ。さらに、国際ブランドにVisaを採用しているクレジットカードが豊富にあり、幅広い選択肢の中からクレジットカードを発行できるのも大きな魅力だ。

 一方、デメリットはプロパーカードがないこと。プロパーカードとは、自社が発行しているクレジットカードのことで、一般的にVisaのような提携カードよりも、プロパーカードの方がステータス性が高いと感じる人が多く、他の国際ブランドのような効果は期待できない。

 例えば、アメリカン・エキスプレスは自社でクレジットカードを発行しており、持っているだけで「お金持ち」と見られる傾向が高い。そのため、Visaのクレジットカードでステータス性を上げるためには「ゴールドカード」など、カード自体のランクを上げる必要がある。

Mastercardの「メリット」「デメリット」

 Visaに次いで、世界シェア2位である国際ブランドのMastercard。メリットは、やはりグローバルに利用できる点にある。日本国内はもちろん、海外でも圧倒的な加盟店数を誇り、「Mastercardが使えなくて困る!」といった心配はほとんどない。
 
Mastercard

 とくに、ヨーロッパで加盟店が多いのも特徴だ。ヨーロッパに住んでいたり、海外旅行したり、このような場合はMastercardがあれば快適なキャッシュレス決済を利用できる。さらに、優待割引などの特典があり、レストランやホテルなど、さまざまな場所で活用が可能。海外だけでなく、日本でも利用できるサービスも存在するので、まさに万能な国際ブランドといえる。

 一方、デメリットはVisaと同様、プロパーカードがない。そのため、ステータス性が低いといえる。しかも、知名度で比較すると、わざわざVisaを避けてまで利用するというメリットがあまり存在しない。Mastercardが利用できる店舗では、Visaもほとんど問題なく利用が可能。つまり、基本的にVisaで事足りてしまうのだ。

JCBの「メリット」「デメリット」

 JCBのメリットは、VisaやMastercardと少し違い、プロパーカードを発行している点がメリットといえる。提携カードと比較すればステータス性が高く、1枚発行しておくとシーンを選ばずに活用が可能だ。
 
JCBカード

 国内では、加盟店数が非常に多く、どこでもクレジットカードを利用することができる。しかも、ポイントプログラムなどJCBならではの特典もある。海外では、オーストラリアなど、一部の国で他社の国際ブランドと「加盟店解放契約」を結んでいて使える。

 ただ、VisaやMastercardと比べれば、やはり海外での加盟店が少ないというのがデメリットになるだろう。そのため、海外旅行時にJCBのクレジットカード1枚だけだと、何となく不安になるのが事実だ。

 JCBは、国際ブランドではあるが日本での使いやすさに特化しているので、旅行好きの人や出張で海外によく行くなら、JCBに加えて、VisaもしくはMastercardのクレジットカードを持っていた方が賢明だ。

 まとめると、海外では加盟店数を踏まえるとMastercardよりもVisaに軍配が上がる。JCBは、2ブランドよりも海外で使いにくいかもしれないが、国内では圧倒的に便利、ということだ。(フリーライター・平本 良太)