PayPayは11月24日、福岡ソフトバンクホークスの本拠地である「福岡ドーム」の名称を“2月29日”に「福岡PayPayドーム(略称:PayPayドーム)」に改名すると発表した。合わせて、新ロゴも公開した。

2月29日から福岡ドームは「福岡PayPayドーム」に

 ドーム改名日の発表と合わせて、新ロゴも公開。PRのために福岡ソフトバンクホークスの今宮健太選手と高橋順平投手が2020年度のPayPayアンバサダーに任命された。
 

 福岡ドームでは2019年3月に飲食やグッズ販売、スタンド内の飲料販売(売り子販売)、ワゴン、スーパーボックス、チケット売り場で、スマートフォン決済サービス「PayPay」の提供を開始した。

 2020年春にオープンする隣接の複合エンターテインメント施設「E・ZO FUKUOKA/イーゾ フクオカ」でも導入を予定。さらにドームおよび周辺地域のキャッシュレス化を強力に推進していく。