ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」でネットリサーチサービス「Fastask」を利用して「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年10月度)」を実施した。10月18~24日の期間、17~69歳の男女1100人を対象にした。


 「毎朝、起きて確認するスマートフォン(スマホ)アプリが一つ以上ある、それらのアプリを閲覧する順番が決まっているといったルーティンがあるか」について聞いたところ、「ある」と答えたのは58.1%。年代別では、10代が68.8%と約7割で若年層ほど多かったという。なお、20代が65.0%、30代が61.0%、40代が57.4%、50代が48.0%、60代が51.4%とのことだ。

 10代に1日平均のスマホアプリ利用時間をジャンルごとに聞いたところ、「動画アプリ」が最も長く平均96.1分、次いで「SNSアプリ」が88.7分、「ゲームアプリ」が67.7分という。男女別では、男性が「動画アプリ」で106.3分と最も長く、女性が「SNSアプリ」で101.5分とのことだ。