ベースメントアップスは、自社運営の「退職の前に読むサイト」編集部が「上司とのコミュニケーションの頻度」について調査した。社会人を対象に「上司とコミュニケーションを取る頻度はどのくらいですか?」というアンケートを実施したところ、「毎日取る」が45%、「3日に1回は取る」が6%、「週に1度は取る」が7%、「ほとんど取らない」が42%だったという。


 ベースメントアップスでは、上司とのコミュニケーションを取ることは、目標に向かって業務を進めるために重要と捉えている。コミュニケーション不足は、業務を効率的に進めないことに加えて業務上の重大なミスに気づくことができないという問題が生じるとのことだ。

 また、コミュニケーションが重要である業務の場合は、不足に課題感を持つ必要があるほか、定期的に設けている上司と部下の面談時間だけでコミュニケーションが十分でなければ自ら積極的にコミュニケーションを取ろうと意識しなければならないことも説いている。