【話題のニュースダイジェスト】 8月30日から9月5日までの期間、「BCN+R」で注目を集めたのは、「PayPay」「LINE Pay」といったキャッシュレス決済の記事だ。また、スマートフォン(スマホ)の端末購入割引、破格の電動自転車などにも関心が高まった。10月1日からの消費増税が影響しているのだろうか。ニュースを振り返る。

ヒートテック1枚を買うともう1枚、PayPayの1周年記念

 PayPayは、サービス開始から1周年を記念して10月4~22日の期間、ユニクロとコラボレーションしたキャンペーンを実施する。期間中、ユニクロ店頭で「PayPay」を利用してヒートテックインナーを購入すると、もう1枚が無料になる。
 

 税別990円のヒートテックインナー2枚、キッズの場合で税別790円のヒートテックインナー2枚をレジに持参して専用クーポンを見せ、PayPayで支払うと、1枚が無料になる。なお、利用できるのは1人につき1回、ヒートテックインナー2枚が同じ値段である必要がある。

食品スーパーでの最大10%還元に条件あるの?

  9月1日、スマートフォン決済サービス「PayPay」の食品スーパーマーケットを対象とした最大10%還元キャンペーン「10時~14時がおトク!家計を応援!スーパーマーケット大還元祭」が実施となった。付与上限は、1回の会計に付き1000円相当、期間中が3万円としている。それ以外のクレジットカードの場合、還元率は0.5%。
 

 還元を上限まで受け取るには、1万円の買い物を30回繰り返すことになる。だからと言って、2万円の買い物をレジで2回に分けるなどの行為は、決して勧めない。あまりにも短い期間で買い物を繰り返すと不正だとみなされる可能性がある上、店舗や他の利用者に対する迷惑行為になり得るからだ。

LINE PayカードやQUICPay+での利用に向けて準備

 LINE Payは8月30日、LINE Pay残高の一つである「LINE Payボーナス」を、物理カードの「LINE Payカード」や非接触型決済(タッチ決済)「QUICPay+」での支払いにも利用できるようにする準備を進めていると、Twitterの「LINE Pay公式アカウント(@linepay_jp)」で明らかにしていた。
 
LINE PayボーナスがLINE Payカードで利用可能に

 LINE Payボーナスは、還元キャンペーンなどで付与されるポイントのようなもの。コード決済などで使用することはできるが、タッチ決済やJCBブランドのLINE Payカードでは使うことができなかった。

 Twitterアカウントでは、「LINE PayカードやQUICPay+でのお支払いにも利用したいとのご要望を多くいただいており、現在利用に向け準備を進めております」とツイート。利用できるようになったら改めて告知するとした。

ドコモの「Google Pixel 3」が端末購入割引で約2万円

 9月5~30日の期間でNTTドコモが実施しているスマホ8機種を対象とした「端末購入割引」では、「Google Pixel 3」が6万9984円から2万1384円、「Google Pixel 3 XL」が6万9984円から2万1384円など、かなりの割引。
 
Google Pixel 3

 このキャンペーン、好評のようで、9月5日15時時点で既に公式オンラインショップで「購入できません」の表示。店頭でも在庫限りなので、あらかじめ電話などで問い合わせておくと無駄足にならずに済むだろう。

ドンキが今度はPB電動自転車を破格で販売

 ドン・キホーテは、PBの「情熱価格プラス」で26型電動アシスト自転車「D-Assist(ディーアシスト)」をドン・キホーテ系列店で9月1日から発売している。消費増税に向けて新規購入や買い替えを検討するユーザーを意識し、9月1日から10月31日までの期間限定で発売記念特別価格4万9800円(税別)で販売する。11月1日以降は、通常販売価格の5万9800円となる。
 
D-Assist

 新製品は、バッテリ容量が8.4Ahでフル充電で最大40キロメートル走行。「3年間の長期盗難補償」「2年間のフレーム、バッテリ、ユニット本体保証」「1年間の損害補償」のトリプル保証も付いている。