ヤフーは6月4日、飲食店のテイクアウト商品を事前にスマートフォン(スマホ)で注文して、調理のステータスを確認しながら商品を取りに行ける「モバイルオーダー」の実証実験を、ハンバーガーチェーンのフレッシュネスバーガー 東京ガーデンテラス紀尾井町店で開始したと発表した。

ヤフーが実証実験を開始した「モバイルオーダー」

 ユーザーは注文してから商品の提供予定時間に来店すれば、列に並ぶことなく商品を受け取れる。人手不足が課題の飲食店店頭での対応コストの削減や省力化にもつながる。

 実証実験スタート時の受取時の決済方法はPayPayのみだが、2019年7月ごろから注文時のオンライン決済を追加する予定だという。
 
モバイルオーダーの利用方法

 今後は、東京ガーデンテラス紀尾井町内の他の飲食店にも拡大する予定。また、昼食時など混みやすい時間帯にユーザーが集中するのを解消するため、ピークタイム以外に使えるクーポンを発行してオフピークの利用を促進したり、イートイン席にIoTセンサーを搭載して満空席情報を提供したりする予定。

 さらに、Yahoo! JAPANが運営するオンラインのサービスからリアル店舗のオフラインに送客するO2Oの取り組みも開始して、飲食店が抱える課題解決を目指していく。