【BCN AWARD 2019・喜びの声】 BCNは1月18日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで、IT・デジタル家電の年間販売数量No.1メーカーを表彰する「BCN AWARD 2019」を開催した。集計対象期間は2018年1月1日~12月31日。「VOCALOID」シリーズなどを含む「サウンド関連ソフト部門」では、12年連続でクリプトン・フューチャー・メディアが栄冠に輝いた。


 2007年に誕生した歌姫「初音ミク」のヒットをきっかけに、サウンド関連ソフトは歌声合成ソフト(ボーカロイドソフト)が多数を占めるようになり、今や「ボカロ」出身の紅白出場アーティストも現れた。ヤマハの隠れた高い技術であるVOCALOIDを世に知らしめたクリプトン・フューチャー・メディアの先見性は、ソフトウェア開発やスタートアップの参考になるだろう。
 
最新版「初音ミク V4X」


※「BCN AWARD」は、全国の主要な家電量販店、パソコン専門店、ネットショップなどのPOSデータを日次で集計し、毎年1~12月の年間集計で販売数量トップのメーカーを表彰する制度。第20回となる「BCN AWARD 2019」は、117部門、56社が受賞した。