スマートフォン(スマホ)決済サービス「Origami Pay」が、年内にアジアを中心とした海外の約1000万店舗で利用可能になる。同サービスを提供するOrigamiは、2018年9月に銀聯(Union Pay)国際と資本業務提携していた。加盟店を相互開放することで、インバウンドとアウトバンドに対応する。

年内にOrigami PayがUnion Pay加盟店(約1000万店舗)で利用可能になる

 海外渡航にあたって両替する際は、タイミングを計ったり、手数料がかかったりと、なにかと手間がかかってしまう。Origami PayがUnion Payの加盟店で使えるようになれば両替の心配がなくなり、スマホ一つで海外での決済が可能になる。両社は実現に向けて、準備を進めているという。