決済、小売、鉄道、通信、銀行、メーカーなどの多種多様な企業が参画し、消費者・事業者双方が受け入れられやすいキャッシュレス環境の整備を進めるキャッシュレス推進協議会は、官民一体のキャッシュレスキャンペーン第1弾として、まずは3月の月末金曜、3月29日に一斉にキャンペーンを実施する。

 続けて4月にもキャッシュレスキャンペーン第2弾として、4月の月末金曜の4月26日と、その後の10連休を「キャシュレスウィーク」と位置づけ、同じく各社が一斉にキャンペーンを実施する予定。
 

3月29日限定「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」キャンペーン続々

 プレミアムフライデー(プレ金)は、国が掲げる「働き方改革」と連動して、「月末金曜は、ちょっと豊かに」過ごす生活スタイルの浸透によって、消費を喚起し、事業者の販売促進の機会を創出することを目的としている。

 「プレ金」の3月29日に、楽天は、楽天カードと合同で、楽天ペイアプリで税込500円以上を支払うと楽天スーパーポイントを一人上限200ポイントまで山分けする「プレミアム“キャッシュレス”フライデー!3時間限定329,000ポイント山分け!」キャンペーンを実施。PayPayは、普段よりお得に食事ができる、最大20%還元・上限額1万円相当の時間限定キャンペーン「3月29日はプレフラPayPay!」を実施する。

 JR東日本は、「春のお出かけはキャッシュレス!Suicaでおトクに!JRE POINT10倍キャンペーン」を開催。JR東日本グループの駅ビル内の飲食店・ファッション店など、あらかじめ登録したSuicaの利用でポイントが貯まるJRE POINT加盟店で、通常は100円につき1ポイント貯まるJRE POINTが10倍になる。月末の金土日の3日間に、税別5000円以上、JREポイントカードを提示して購入すると500ポイント付与される、「プレミアムフライデーJRE POINTプレゼントキャンペーン」も同時に実施する。
 
「JRE POINT10倍キャンペーン」は3月29日の1日間限り

 今年4月1日から「働き方改革関連法」が順次施行される。常に現金で決済する、従来型携帯電話や、最新アプリが動作しない古いスマートフォンを使い続ける、残業代目当てに敢えて長時間労働をするといった「現状維持」を望んでも、世の中の変化は止まらない。さまざまな分野で、「自動化」「効率化」「見える化」が進み、同時に決済ツール、情報収集ツール、仕事の生産性を高めるクリエイティブツールとして、iOSやAndroidを搭載したスマートフォン・タブレット端末の重要性はますます高まっている。(BCN・嵯峨野 芙美)