オムロンの子会社で社会システム事業を手掛けるオムロン ソーシアルソリューションズ(OSS)は、駅における窓口業務の自動化に向けて利用客からの問い合わせに応対する「駅案内ロボット」を開発、3月16日から京王井の頭線の下北沢駅で試験運用を実施する。

駅案内ロボット

 駅案内ロボットは、OSSが独自に開発した音声対話型AIエンジンを搭載。駅利用客からのさまざまな問い合わせに対して、音声とディスプレイでの文字表示で回答する。雑踏の中でも利用客の声を正確に認識し、動作を交えて応対するのが特徴。駅利用客へのサービス向上と、窓口業務の省力化が両立できる。