東急ハンズは2月24日、東京・秋葉原UDXで「文具祭り2019」を開催した。小売業界が企画して複数の文具メーカーを一堂に集めた企画を開催するのは珍しく、“手書きを愉しむ”をテーマに、物販や文具界の重鎮によるトークショー、ワークショップなどを実施した。

秋葉原で初開催された東急ハンズ主催の「文具祭り2019」

 今回の企画に参加した文具メーカーは約30社。人気商品だけでなく、この会場でしか手に入らない限定商品や先行販売品も多く用意した。メーカー担当者から商品の使い方や開発エピソードを直に聞けることも魅力で、多くの文具ファンが各社ブースを訪れた。
 
文具メーカー各社のブースでは限定商品や先行販売品を販売

 会場では、文具王の異名をもつ高畑正幸さんをはじめ、文具界の重鎮9人によるトークショーや人気プランナーが手帳活用などを指南するワークショップも同時に開催した。原稿用紙やノートなど文具にちなんだハンカチが入ったカプセルをゲットできる「用紙柄ハンカチガチャ」も人気を集めた。
 
文具界の重鎮たちによるトークショー
人気プランナーによるワークショップ
 
会場限定の「用紙柄ハンカチガチャ」

 大規模なイベントは1日限りの開催だが、東急ハンズ各店では連動する企画を3月31日まで開催中。注目アイテムの試し書きコーナーやワークショップのプログラムを用意している。文房具ファンは、ぜひ近所の東急ハンズで詳細を確認してほしい。(BCN・大蔵 大輔)