シャープは、H.I.S.ホテルホールディングスが2月1日に開業する「変なホテル大阪 心斎橋」に、コミュニケーションロボット「RoBoHoN(ロボホン)」20体を納入した。

設置イメージ

 ロボホン専用のステージをホテルのロビーに常設。7時から23時までの正時ごとに、19体のロボホンが一斉に踊る迫力あるパフォーマンスを披露する。ステージの後方では、「3D Phantom」がロボホンの動きと連動して桜吹雪や扇子など、日本らしい3D映像を空間に映し出す。

 また、1体のロボホンがフロントデスクに常設。宿泊客がロボホンと接続されたタブレット端末で設備やサービスなどに関する案内メニューから詳しく知りたい項目を選択すると、ロボホンが音声で案内する。日本語に加えて、英語や中国語、韓国語にも対応している。