キャッシュレス無人コンビニ「600」を提供する600は、第三者割当増資によって、朝日メディアラボベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、AGキャピタル、アプリコットベンチャーズなどから1億円を調達した。調達した資金を製造体制と物流網の強化にあてて、2019年中に契約数500カ所、累計販売数20万個と、それぞれ10倍の成長を見込む。


 600では、コンビニに通常置いてある菓子類や飲料、弁当、惣菜などの定番商品に加え、八ツ橋などの観光地を代表する人気の土産菓子、みかんやマスカットなどの果物、多国籍な職場に対応するハラルフード、バレンタインチョコレートなどのシーズン商品を補充。18年6月の正式展開から7カ月強が経過し、設置契約数は50カ所を超えた。

 また、無料通話アプリ「LINE@」やビジネスチャットツール「Slack」を通じて、社員から直接コンシェルジュが要望を受ける機能が好評で、累計商品販売数は2万個を突破している。月間で1万円以上の商品を購入するユーザーが出てきており、1カ所の日販で通常の置き菓子サービスが7000円以上の売り上げを記録するケースも出ている。

 600では、無人コンビニで提供している徒歩1分以内の「半径50m」商圏が今後20年間で10兆円市場まで拡大すると捉えている。その中で、24年までに1万カ所への設置と1カ所あたりの平均日販3万円を達成して年間1000億円の取扱規模を目指している。