ソニーは1月22日、ソニーのテレビ事業を担うソニービジュアルプロダクツと、ビデオとサウンド事業を担うソニービデオ&サウンドプロダクツを統合し、新会社としてソニーホームエンタテインメント&サウンドプロダクツを設立すると発表した。営業開始日は4月1日を予定。

ソニーのテレビ事業とビデオ・サウンド事業が統合される

 事業を統合することで、環境の変化にすばやく柔軟に対応できる体制の確立を図る。また、オーディオ・ビジュアル領域における高付加価値戦略を推し進め、将来に向けた新しい顧客価値の創出と中期的な成長を目指すという。

 事業内容は、テレビ、ビデオ&サウンドとその周辺機器の設計・開発や製造事業に加え、それに関連・附帯するすべての事業。代表取締役社長には、今回統合する2社の現社長である高木一郎氏が就く。