ベンキュージャパンは、高速リフレッシュレート144Hzのゲーム向け31.5型湾曲液晶ディスプレイ「EX3200R」を11月30日に発売した。価格はオープンで、税込実勢価格は4万6000円前後。

湾曲ゲーミングディスプレイのEX3200R

 解像度1920×1080、標準の3倍となるネイティブコントラスト比3000:1で、アスペクト比16:9、広視野角178°/178°のVAパネルを採用。リフレッシュレート144Hz、湾曲率1800RのLEDバックライト付き大画面ディスプレイは大きく見やすく、すばやいアクションでも滑らかに再生する。

 最大の特徴として、レースゲームに最適な画面モードをプリセットとして設定。また、シネマモードと1080/24P プレーバックに対応し、映画館と同じフレームレートで表示できる。

 ほかにも、低解像度コンテンツの画質を高める「Super Resolution(超解像度)」、ティアリング、フレームの破損、カクツキといった問題を解消する「AMD FreeSyncテクノロジー」に対応。独自のフリッカーフリー技術と、4段階の「ブルーライト軽減」モードによって、長時間でも目をいたわりながらゲームをプレーできる。
 
高さと傾きを調整可能なスタンドを採用したエルゴノミクスデザイン

 インターフェースとして、HDMI、Display Port、mini Display Portの3系統の入力端子とヘッドホンジャックを搭載。2つのソースを同時入力し、PIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)やPBP(ピクチャー・バイ・ピクチャー)で表示できる。カラーはメタリックグレー。