• ホーム
  • 業界動向
  • 第一交通産業のタクシーで「PayPay」が使える、まずは約1000台に導入

第一交通産業のタクシーで「PayPay」が使える、まずは約1000台に導入

販売戦略

2018/11/28 16:30

 第一交通産業PayPayは、福岡市内と北九州市内で第一交通産業グループのタクシー約1000台にスマートフォン(スマホ)決済サービス「PayPay」を11月29日に導入する。


 タクシーの乗客は、車内に掲示されたPayPayコード(QRコード)をPayPayアプリで読み取ることで、乗車運賃を支払うことができる。スマホ決済によって、顧客満足度の向上が狙い。今後は、全国のタクシー約8200台に順次導入していく方針だ。

オススメの記事