大和ハウスグループの大和リースとLIXILは、ミストシステム付きのトイレ「(仮称)新型ユニットWC」を共同で開発した。大和リースが販売・リースを2019年4月に開始する。

外観イメージ

 「近寄りたくなる仮設トイレ」がコンセプト。洋式水洗トイレのほか、小さな子ども利用できる低リップ小便器(前方に張り出した受け部)などを装備している。ミストシステムは、パナソニック(技術協力)が開発を進めている「シルキーファインミスト」を採用し、真夏のイベントにふさわしい暑さ対策機能をプラスした。夏場の熱中症予防効果とイベント全体の価値向上に寄与することが目的。

 なお、7月25~29日にお台場・青海地区イベントスペース内特設会場で実施のFIVBビーチバレーボールワールドツアー2018で設置する予定。