BCNは7月12日、デジタル家電の実売データを集計する「BCNランキング」に基づき、主要な117のカテゴリ(ハードウェア85、ソフトウェア32)について、2018年上半期(1月-6月)に最も販売数が多かった「上半期No.1メーカー」を発表した。

伸び率ダントツは有機ELテレビ

 今回集計した全117カテゴリでみた実売状況によると、2018年上半期のデジタル家電市場は、販売数は前年同期比98.2%と前年を下回ったものの、販売金額は103.9%と前年を上回った。カテゴリ別にみると、販売数で36カテゴリが前年を上回った一方、販売金額では39カテゴリとなり、全体的な単価上昇が影響している。

 主要カテゴリの中で最も伸び率が大きかったのは有機ELテレビ。販売数前年比で865.1%、金額前年比でも731.1%とダントツだった。昨年市場が本格的に立ち上がったばかりで、初動での市場拡大が数字に表れた。また安定的に市場拡大を続けているドライブレコーダーが販売数161.3%で続いた。液晶テレビは4K以上が販売数133.2%と伸びている一方、2K以下では92.0%と前年を下回った。スマートフォン全体では115.0%と2ケタの伸びを示しているが、SIMフリースマートフォンは90.7%と前年を下回った。

ミラーレスでキヤノンがNo.1獲得、昨年1位のオリンパス抜く

 今期の上半期No.1で、17年の年間シェアに比べて大きな変動があったのがカメラだ。レンズ一体型では、17年はキヤノンがシェア27.9%でトップだったが、18年上半期は、低価格路線でフルラインアップを維持したニコンが31.0%でキヤノンを抜いた。またミラーレス一眼では、17年はオリンパスが27.7%でトップだったが、18年上半期はレンズ交換型カメラで最強のブランド「EOS Kiss」をミラーレスに投入したキヤノンが30.1%でトップに立った。

 キヤノンはページプリンタでも43.6%でNo.1の座についたものの(17年はブラザー・46.3%)、インクジェットプリンタでは45.1%のエプソンに僅差ながら逆転された(同キヤノン・44.3%)。そのほか、電子ピアノが30.8%でヤマハ(同コルグ・29.9%)、ゲームコントローラが25.8%でエレコム(同バッファロー・31.1%)でそれぞれ上半期No.1を獲得した。
 

 また17年も年間トップで、さらにシェアを拡大して上半期No.1を獲得したのがタブレット端末のアップル。シェアは40.5%に達し、昨年より7.2ポイント増を記録した。電子辞書ではカシオで61.5%(同5.6ポイント増)、アクションカメラではGoProで72.9%(同5.7ポイント増)、2K以下の液晶テレビではシャープが37.1%(同5.7ポイント増)と、それぞれ首位を固めた。
 

 ソフトウェアでは、葉書・毛筆ソフトでジャングルが38.0%で上半期No.1を獲得(17年は筆まめ・44.4%)。CADソフトでは17年に年間トップだったエーアンドエーが44.7%で上半期No.1を獲得。昨年年間比で7.1ポイントシェアを広げた。またユーティリティソフトのAHSも6.9ポイント増の37.9%で昨年に続き上半期No.1を獲得した。