BCNは、7月20日、PCやPC周辺機器、デジタル家電の実売データ「BCNランキング」をもとに、2011年上半期(1月~6月)に最も販売数量が多かった「上半期No.1メーカー」を発表した。注目のスマートフォン部門ではアップルの独走が続いているが、携帯オーディオ部門ではアップルからソニーにトップが交代している。

 スマートフォンは、2010年秋から各社が新製品の相次ぐ発売で急成長した市場だ。2011年6月の販売実績では、携帯電話全体の52.9%がスマートフォンだった。4月に「iPhone 4」のホワイトモデルを発売して販売台数を伸ばしたアップルが、23.4%の販売台数シェアでスマートフォン部門の上半期No.1の座についた。さらにスレートPC部門でも「iPad 2」の販売が好調で、84.7%と圧倒的なシェアを誇っている。
 

左から、アップルのiPhone 4(ブラック)とiPad 2(ブラック、ホワイト)

 携帯オーディオ部門は、ソニーが52.1%のシェアで2011年上半期トップを獲得した。ソニーは、昨年8月に台数シェアでアップルを上回り、初めてトップに立ってから堅調にシェアを確保し、2011年に入ってからは5割以上のシェアをキープしている。

 地デジ化の選択肢として浮上した“地デジPC”で、上半期の販売台数が前年同期を上回ったPC部門は、デスクトップPC部門がNEC、ノートPC部門が東芝と、「BCN AWARD 2011」の覇者が首位を堅持した。

 アナログ停波を目前に控え、前年同期比29.9%増と地デジ化特需が続く液晶テレビ部門は、「40インチ以上」「40インチ未満」ともにシャープがトップ。デジタルカメラ(レンズ交換型)は、ミラーレス一眼の台頭で、前年同期比の販売台数が10.3%増と好調。販売台数シェアでは、キヤノンがトップを獲得した。ただしデジタルカメラ市場は、東日本大震災で一時部材が払底した影響で、5月以降は前年を割り込んでいる。
 
<ハードウェア 74ジャンル>
アイテム名 メーカー名 数量シェア
(%)
デスクトップPC 日本電気株式会社 26.0
ノートPC 株式会社東芝 20.2
スレートPC アップルジャパン株式会社 84.7
液晶ディスプレイ 三菱電機株式会社 22.4
インクジェットプリンタ キヤノン株式会社 44.3
ページプリンタ キヤノン株式会社 39.8
サーマルプリンタ キヤノン株式会社 94.3
複合プリンタ キヤノン株式会社 41.7
フォトプリンタ キヤノン株式会社 55.5
外付けハードディスクドライブ 株式会社バッファロー 46.2
内蔵ハードディスクドライブ 株式会社バッファロー 69.1
記録型DVDドライブ 株式会社バッファロー 38.5
SSD インテル株式会社 34.4
メモリ シー・エフ・デー販売株式会社 26.5
マザーボード アスース・ジャパン株式会社 39.0
メモリカード サンディスク株式会社 17.7
USB エレコム株式会社 38.0
カードリーダ エレコム株式会社 39.0
拡張インターフェース シー・エフ・デー販売株式会社 29.4
USBメモリ 株式会社バッファロー 29.4
KVM切替器 エレコム株式会社 27.9
PCケース Antec,Inc 14.3
PC電源 恵安株式会社 15.1
ベアボーン 日本Shuttle株式会社 72.3
ドライブケース シー・エフ・デー販売株式会社 30.0
スピーカ ソニー株式会社 15.5
MIDI ヤマハ株式会社 30.4
映像関連ボード 株式会社アイ・オー・データ機器 31.3
サウンド関連ボード クリエイティブメディア株式会社 45.2
グラフィックボード シー・エフ・デー販売株式会社 31.9
サラウンドシステム オンキヨー株式会社 18.8
ヘッドホン・イヤホン 株式会社オーディオテクニカ 25.7
携帯オーディオ ソニー株式会社 52.1
ICレコーダー オリンパスイメージング株式会社 40.1
プリントサーバ 株式会社バッファロー 29.5
LANカード 株式会社バッファロー 50.4
HUB 株式会社バッファロー 59.5
UPS 株式会社エーピーシー・ジャパン 55.0
ルータ 株式会社バッファロー 55.4
無線LAN 株式会社バッファロー 51.7
PLC パナソニック株式会社 88.4
スキャナ 株式会社PFU 40.2
デジタルカメラ(レンズ一体型) キヤノン株式会社 17.9
デジタルカメラ(レンズ交換型) キヤノン株式会社 29.1
ミラーレス一眼 オリンパスイメージング株式会社 38.7
デジタルビデオカメラ ソニー株式会社 28.5
デジタルフォトフレーム ソニー株式会社 33.3
交換レンズ キヤノン株式会社 22.5
三脚・一脚 スリック株式会社 24.3
PCカメラ エレコム株式会社 30.8
マウス エレコム株式会社 29.5
キーボード エレコム株式会社 27.2
ゲームコントローラ エレコム株式会社 46.3
タブレット 株式会社ワコム 89.2
10キーボード エレコム株式会社 40.5
IP通信関連機器 株式会社バッファローコクヨサプライ 26.5
スマートフォン アップルジャパン株式会社 23.4
スマートフォンアクセサリ 株式会社テレホンリース 28.5
CDメディア イメーション株式会社 33.8
DVDメディア イメーション株式会社 26.5
BDメディア イメーション株式会社 23.1
携帯オーディオアクセサリ エレコム株式会社 27.3
スレートPCアクセサリ エレコム株式会社 21.6
液晶テレビ(40インチ以上) シャープ株式会社 45.3
液晶テレビ(40インチ未満) シャープ株式会社 36.9
プラズマテレビ パナソニック株式会社 78.3
デジタルチューナー マスプロ電工株式会社 33.8
DVDレコーダー 株式会社東芝 40.8
BDレコーダー パナソニック株式会社 33.0
DVDプレーヤー パイオニア株式会社 18.4
BDプレーヤー 株式会社東芝 21.6
プロジェクター セイコーエプソン株式会社 41.3
電子辞書 カシオ計算機株式会社 54.9
PND パナソニック株式会社 27.6

 ソフトウェア部門では、ビデオ関連ソフト部門がコーレル、携帯電話ソフト部門がジャングル、ユーティリティソフト部門がジャストシステム。いずれも昨年「BCN AWARD 2011」を獲得したメーカーが、今年に入ってからもトップを維持している。
 


 2011年上半期のPC・デジタル家電市場は、販売台数が前年同期の108.3%、販売金額が94.7%だった。震災の影響で、3月に台数で前年同月比96.8%、金額で77.6%の大幅減になったものの、4月以降は薄型テレビなどの地デジ化需要がけん引し、台数でプラスに転じた。6月には、台数で120.9%、金額で125.1%と拡大している。
 


 BCNは、来年1月、2011年に最も販売数量が多かったメーカーを表彰する「BCN AWARD 2012」を開催する。下半期も、ゴールとなる年末商戦まで、熱い戦いが繰り広げられそうだ。

→オリジナルプレスリリース(PC・デジタル家電の2011年上半期 No.1メーカーがまとまる)
→「BCN AWARD 2012」の開催概要


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。