• ホーム
  • トレンド
  • IoT搭載のスマート貯金箱でお金を貯めよう! しゃべる「バンクワン/バンクニャン」

IoT搭載のスマート貯金箱でお金を貯めよう! しゃべる「バンクワン/バンクニャン」

時事ネタ

2018/06/08 18:00

 6月7~8日が商談見本市として、9~10日が一般公開として開催中の「東京おもちゃショー2018」で、来場者が興味を示しているIoTを駆使したスマート貯金箱がある。タカラトミーアーツが展示している「おせっかいなスマート貯金箱 バンクワン/バンクニャン」だ。価格はオープンだが、税別の実勢価格は9800円。9月の発売を予定している。「日本おもちゃ大賞2018」のイノベイティブ・トイ部門で大賞を受賞した製品だ。

タカラトミーアーツのブース
 
ブースで披露している「バンクワン/バンクニャン」

 「バンクワン/バンクニャン」は、ペットとしても身近な犬と猫をモチーフにした貯金箱。バンクワンが“犬実(けんじつ)”に1万円を貯めたいユーザー向けの100円玉専用、「バンクニャン」が“ニャンとしても”5万円を貯めたいユーザー向けの500円玉専用となる。

 音声スピーカーを内蔵し、お金を入れると「きました500円!計算するからね。合計金額は2500円。ネコババしてないニャー」などと会話する。目、耳、鼻、口のパーツも可動。まばたきや口を動かしながら本当に話しているかのような豊かな表情で動く。おせっかいに貯金もしっかり管理。貯金ペースを把握して、さぼっていると「金の切れ目が縁の切れ目…か…」と催促したり、「貯金をしたのが6月5日で7500円。すごい早さで貯まっていく」と現在の貯金額を教えてくれたりする。貯金達成の際には、特別なメッセージで祝ってくれる。
 
お金を入れると会話してくれる

 音声認識も可能で、頭のボタンを押して指定のキーワード(7ワード)で話しかけると、そのキーワードに応えてくれる。人感センサも搭載し、人の気配を感じると、「貯金は“待て”できません!」などとおしゃべりを始めることもある。話の内容は、季節・時間帯などに合わせて約400パターンを収録している。

 さらにIoT機能の搭載によって、Wi-Fi環境に設定すれば「ニュース教えて」「天気教えて」などの呼びかけにリアルタイムの情報を教えてくれるほか、あらかじめ設定した時間に毎日ニュースをしゃべることもできる。

オススメの記事