放送サービス高度化推進協会(A-PAB)は6月1日、12月1日に開始となる「新4K8K衛星放送」(BS・110度CSでの4K8K実用放送)の開始半年前セレモニーを開催した。放送局、受信機メーカー各社、業界関係者が集まったほか、野田聖子総務大臣、「4K8K推進キャラクター」を務める深田恭子さんが登壇し、4K8K放送の普及拡大に向けた意気込みを語った。

「放送開始まで半年」をPRする深田恭子さんと野田聖子総務大臣(左)、関係各社・各団体の幹部

 深田さんは、「自宅でも、4Kの有機ELテレビで映画をみています。放送でも4Kが始まるのが楽しみ」と、日常的に放映されている放送が4K品質にアップグレードされることへの期待を話した。放送開始1年前の昨年12月から推進キャラクターを務める深田さんは4K8K放送PR動画に出演しており、動画が家電量販店の店頭などで上映されている。
 
家電量販店で上映中の新4K8K衛星放送PR動画

 野田聖子総務大臣は出席者に向けて、「すでに市販されている4Kテレビだけでは新4K8K衛星放送を視聴できず、対応チューナーや、場合によってはアンテナ交換が必要になる。国民に混乱が生じないよう、あらゆる手段での周知徹底、また視聴者の期待にこたえられる4Kならではの魅力的なコンテンツの提供をお願いしたい。総務省としても周知広報や受診環境の整備に、みなさんと一眼となって取り組んでいく」と述べ、業界の力を結集して普及にあたるよう要請した。
 
野田聖子総務大臣