アイ・オー・データ機器は、「新4K8K衛星放送」の視聴が可能になる4Kチューナーボックスを年内の発売を目指している開発している。製品化した際には、4K対応テレビや4K対応液晶ディスプレイのユーザーに提案していく方針だ。

4K対応機器と4Kチューナーボックスの接続イメージ

 4K対応テレビが普及しているなか、新4K8K衛星放送が12月1日にスタート時、そのテレビは4Kの解像度の表示はできるが新4K8K衛星放送は視聴できない。ユーザーに従来のフルHD放送よりも鮮明な映像を楽しんでもらうのが、アイ・オー・データ機器の狙いだ。開発中の製品は、新4K放送で採用されるHLG方式のHDRに対応し、映像の細かさだけでなくリアルに近い美しい映像を表現。さらに、アイ・オー・データ機器では新4K8K衛星放送対応の4Kチューナーボックスに加えて、録画用ハードディスクや4K対応液晶ディスプレイなど、関連製品のラインアップの拡充も図っていく計画。