日清食品は、「日清焼そばU.F.O.」のふた裏に付着したキャベツを除去する「キャベバンバン CBB-001」のクラウドファンディングによる予約販売の受付を、日清食品グループのオンラインストアで開始した。5月31日10時までに予約数が1000個に達した場合、税込み4980円で販売する。

キャベバンバン CBB-001

 キャベバンバン CBB-001は、日清焼そばU.F.O.をセットして食べる前にふたを叩くアクションを具現化するもの。湯切りしたあとに持ち手を握って垂直に引き上げてバンバンすれば、ゴムの弾性に着目した「マルチ・ラバー・ヘッド」によって、ふた裏に同心円状に広がる複数の振動を起こしてキャベツをスマートに除去する。デザインは、湯切りから食後のゴミ捨てまでを自然な動きで行うことができるダイレクトモーション設計を採用。電気を一切使用しないほか、水洗いもできる。

 日清食品では、独自視点の商品開発プロジェクト「PRODUCT X(プロダクト・ペケ)」を展開しており、その第一弾として、「ヌードル・ハラスメント」に一石を投じるために麺のすすり音をカモフラージュする機能を搭載したフォーク「音彦(おとひこ)」を2017年10月に発表。同製品は、目標の予約数に達しなかったことから発売に至らなかった。そこで第二弾として、社会問題化している「フードロス」に着目し、ふた裏についたまま捨てられてしまう年間約4.17tのキャベツを少しでも減らすことを目的に、キャベバンバン CBB-001を開発した。