ビックカメラグループは4月18日、ソフマップAKIBA2号店パソコン総合館の2階に、日本初となる店舗併設型のeスポーツスタジオ「eSports Studio AKIBA」を4月30日にオープンすると発表した。eスポーツの普及や関連商品の販促につなげる狙いだ。

「eSports Studio AKIBA」のフロアイメージ

 「eSports Studio AKIBA」は、配信環境を整えたゲームイベント施設。eスポーツの競技に参加したり、観戦したりできる。また、店舗併設型の強みを生かし、大会やイベントに登場する選手のユニフォームやグッズ、使用しているパソコンやキーボードなどのPC周辺機器を展示・販売していくという。

 試合やイベントの様子は、Jストリームが提供するシステムを利用し、4月26日の13時にオープンする専用サイトで生中継で配信する。専用サイトでは日本初の試みとして、選手が試合で使用している商品や選手のグッズを、試合中継の視聴者がリアルタイムで購入できる環境を整備する。

 eスポーツは、アクティブな世界競技人口が1億人といわれており、2022年には「アジア版五輪」とも呼ばれるアジア競技大会のメダル種目に採用されるなど、今後プレイヤーや競技の観衆者は飛躍的に増加すると見込まれている。

 ビックカメラグループは、日本のサブカルチャーの発信地でありパソコンの聖地でもある秋葉原にオープンする「eSports Studio AKIBA」を通じて、eスポーツの情報発信源になることを目指す。

 同施設は、プロやアマチュアを問わずに利用できるよう、最新型のハイスペックPCと実況解説、動画配信設備を備え、企業や大学サークル、また、学生への授業の一環として施設を提供する。施設面積は70m2で、営業時間は11時~20時だが、イベントや大会の内容によって相談を受け付けという。