ラオックスは3月26日、ギフト用品の大手卸売事業者のシャディを子会社化すると発表した。シャディが扱うギフト用品や生活雑貨品を活用し、新たな顧客層の開拓や商品提案力を強化していくという。

201803271659_2.jpg
「免税店だけに頼らない」と語るラオックスの羅怡文社長

 シャディの株式はまず、ロコンドの子会社である投資会社のL Capital TOKYOが4月27日をめどに100%取得する。その後、L Capital TOKYOに対して12億400万円(株式の約60%に相当)の第三者割当増資の株式引受契約を結んだラオックスが、シャディを子会社化する。

 ロコンドは、靴とファッションのECサイト「LOCONDO.jp」を軸とするECサービスと、同事業で構築したIT・物流インフラ等を共有・活用した「プラットフォームサービス」の2事業を展開している。

 3月26日の取締役会では、ロコンドが子会社のL Capital TOKYOを通じて、ニッセンホールディングスからシャディの株式を100%取得すると決定。「有店舗メディアミックス型ビジネスモデル」でギフト用品や生活関連用品を全国の実店舗で販売するシャディと、「プラットフォームサービス」での相乗効果を見込んでいる。

 今後は、L Capital TOKYOの株式をラオックスが60%、ロコンドが40%所有することになり、共同出資する形となる。ラオックスはロコンドと組むことで、EC販売の強化と物流面での効率化を推進できると期待する。

 ラオックスの羅怡文社長は「将来的には、売り上げの半分がサービス事業、もう半分が免税店という状態にしたい。訪日客・日本人を問わず、グローバルライフスタイルを提案する企業になる」と語る。注目しているのはだれでも顧客になり得る「飲食」だという。シャディの扱うギフト用品には、食品も含まれる。ラオックスがECでギフト用食品を本格的に扱う可能性も考えられそうだ。