BMWグループは、2017年の年初に掲げた電気自動車(EVカー)の年間販売目標の達成を記念し、ミュンヘン北部にあるBMWグループ本社ビル「フォー・シリンダー・ビル」を光のインスタレーションでバッテリ風にライトアップした。あわせてライトアップしたビルを空撮した動画も公開した。

201712271107_4.jpg
本社タワーを彩る光のインスタレーション

 同社は13年に「BMW i」ブランドを立ち上げ、ピュアEVモデルの「BMW i3」を投入して以来、すでに20万台以上の電気駆動モデルを販売してきた。今年は「年内にグローバルで10万台以上の電気駆動モデルを販売する」という目標も達成。さらに25年までに、策定済みのロードマップにあわせ、ピュアEV、プラグイン・ハイブリッド・モデルをあわせて電気駆動モデル25車種を取り揃える予定。なかでも、21年に登場予定の新たなフラッグシップ「BMW iNext」は、初めて自律走行、新しいインテリア・コネクティビティ機能にエレクトロモビリティを組み合わせた量産モデルとなる。
 
201712271107_5.jpg
4つの直立するバッテリ風に装いを変え、BMWの遺伝子の一部である「未来志向」を表現した(動画より)

 現時時間12月18日20時から深夜まで実施した本社ビルのライトアップのほか、ミュンヘンの「BMW Welt」で、ノルトライン・ヴェストファーレン州に住むドライバーを招き、BMWの電気駆動モデルの10万台目となるプロトニック・ブルーの「BMW i3」の納車式を開催。BMWグループのハラルド・クルーガー取締役会会長が新しい車のキーを手渡した。
 
201712271107_6.jpg
10万台目となったプロトニック・ブルーの「BMW i3」(左)と、車のキーを手渡すハラルド・クルーガー会長

 ハラルド・クルーガー会長は、「高さ99メートルの光のインスタレーションは、エレクトロモビリティの時代に向けたサインです。年間10万台の電気駆動モデルを販売したことは記念すべき出来事ですが、これは当社にとっての始まりに過ぎません」とコメントしている。