2016年10月にシャープが発表した「COCORO+(ココロプラス)」は、さまざまな家電カテゴリを横断したAIoT(モノの人工知能化)推進プロジェクトだ。モバイル型ロボット電話、スマートフォン、液晶テレビ、ウォーターオーブン、エアコンと矢継ぎ早にリリースし、3月に第6弾として、IoT機能を搭載する「プラズマクラスター冷蔵庫 SJ-TF49C」を発表した。

取材・文/大蔵 大輔、写真/大星 直輝