「日本の人口が50年後の2065年に8808万人になり、生産年齢人口が15年比で4割減の4529万人になる」という厚生労働省が4月10日に発表した衝撃的なリリースが、小売業界を揺さぶっている。ローソンの白石卓也執行役員は「生産性向上の取り組みは待ったなし。これまでとは別次元のステージに向かおうとしている」と、足元の地殻変動を見据えている。

取材・文/細田 立圭志、写真/大星 直輝