実売データを集計するBCNランキングで、スキャナ部門の年間販売台数No.1を、7年連続で獲得したPFU。主力製品である「ScanSnap」シリーズは、2016年に全世界への出荷台数が400万台を突破した。他の追随を許さず、長年の受賞を支えているのは、使い勝手のよさを追求した独自性の高い製品力だ。

BCN AWARD スキャナ部門
7年連続7回目の受賞 PFU

ユーザー目線を意識して手間を最小限に

 PFUの松本秀樹・ドキュメントイメージビジネスユニット国内営業統括部長は「ScanSnapを世に出して、15年目を迎えた。その間、ずっとスキャナの使われ方を分析し、さまざまなアプリ・クラウドサービスとの連携や機能の拡充など、ソフトウェア周りを強化してきた。常にユーザーの目線を意識した結果として、7連覇につながったと考えている」と、受賞の要因について話す。
 

松本秀樹ドキュメントイメージビジネスユニット国内営業統括部長

 今回、「BCN AWARD 2017」の受賞をけん引したのは「カンタン・スピーディー・コンパクト」がコンセプトの「ScanSnap」シリーズだ。ユーザー側の操作を最小限に抑える使い勝手の良さが支持を受けた。ScanSnapは、サイズだけでなくカラー/モノクロを自動で判別する。さらには白紙ページの削除機能、傾き補正など、仕上がりも自動で整えてくれる。
 

PFUの主力製品「ScanSnap iX500」(左)と、モバイルスキャナ「ScanSnap iX100」

 「単純な読み取り速度だけを見れば、より高速な他社製品も存在するが、実際に紙をスキャンしてデータを活用するまでのトータルな作業時間の短さと、業務用スキャナで培った安定した給紙性能がユーザー様にご評価されているポイントである」と、松本統括部長は説明する。

クラウド連携をさらに推進し、ワンプッシュですぐ活用

 ScanSnapは、PCやスマートデバイスを介さず、会計や名刺・ストレージのクラウドサービスへスキャンデータを自動転送することのできる「ScanSnap Cloud」も評価が高い。スキャンするだけで家計簿や年賀状の整理、名刺管理や確定申告の明細データ作成などを簡単に行える。

 これまでコンシューマ用途の「Evernote」や「Dropbox」などへの連携が多かったのに対し、昨年からe-文書法の要件に対応し、FinTech系クラウドサービスである「freee」や「弥生会計オンライン」、「MFクラウド」との親和性を向上したほか、「Box」「Evernote Business」「OneDrive for Business」といったビジネス向けサービスとの連携を強化し、多彩な業務に直結させてきている(現在、ScanSnapCloudに対応しているScanSnapはiXシリーズのみ)。

 PFUは今後もアプリやクラウドサービスとの連携を強化し、新しいニーズにいち早く対応していく予定。ターゲットとなるユーザー層とともに提案の幅はより一層拡大しそうだ。
 
■DETA

 2015年11月にリリースしたScanSnapCloudがユーザーの支持を集め、PFUはシェアを伸ばした。2016年はScanSnap Cloudがe-文書法に対応し、会計クラウド(FinTech系)との親和性を向上した。

 また、名刺管理サービス「Sansan」とのコラボレーションを実現するなど、ビジネスシーンの強化を推進した。2017年も、アプリやクラウドサービスとの連携を強化し、スキャナを起点としたユーザーの利便性向上を目指す。

 

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。