PFUとSansanは5月26日、パーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnapシリーズ」のフラッグシップモデル「iX500」に、Sansanの法人向けクラウド名刺管理サービスとの連携機能を追加したコラボレーションモデル「ScanSnap iX500 Sansan Edition FI-IX500SE」を発売した。


「ScanSnap iX500 Sansan Edition」を手に記念撮影する
左からPFUの長谷川清代表取締役社長とSansanの寺田親弘代表取締役社長

 記者説明会で、PFUの長谷川清代表取締役社長は「ビジネスチャンスのさらなる広がりと、お客様のビジネススタイルのさらなる進化を支えるデスクトップデジタルデバイスパートナーになると確信している」と説明した。 

 Sansanの寺田親弘代表取締役社長は「名刺管理などあらゆるニーズを網羅した決定版。この製品を通じて、日本全国にSansanの価値を届けていきたい」と意気込みを語った。 
 


スマホとダイレクト接続できる特別モードと、
クラウド上で名刺が500枚まで無料で管理できるライセンスが付属する

 iX500の標準機能に加え、スマートフォンとダイレクト接続できる特別モードを搭載し、法人向けサービス「Sansan スマートフォンプラン」が利用できる。名刺500枚まで無料で管理できるライセンスも付属する。 
 


スマホで操作可能で、ふたを閉めるとアップロードが始まる仕組み

 スマホにインストールした「Sansanスマートフォンアプリ」を操作して「iX500」で名刺を読み取り、本体のふたを閉めるとスマホを通じてクラウドへのアップロードが始まる。スマートフォンプランを利用する場合に必要な専用機器のレンタルは不要。500枚以上管理するには、月額1万円で5000枚まで、月額1万8000円で1万枚までのストレージが追加できる。 

 価格はオープンで、PFU直販サイトでは税抜5万5000円。全国の家電量販店でも販売する。販売目標は今後1年間で3万台。