国立社会保障・人口問題研究所が発表した2013年1月推計の「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」では、1世帯当たりの人員が年々減少していることがわかる。10年には2.42人だったのが、35年には2.2人に減少すると予想されている。