• ホーム
  • トレンド
  • <インバウンド人気ランキング>理美容以外の製品が人気に

<インバウンド人気ランキング>理美容以外の製品が人気に

データ

2016/08/26 17:30

 訪日中国人向けに買い物サポートサービスを展開するTouch China(中国・北京市)がまとめた「中国人に人気の商品ランキング」によると、7月は理美容以外の製品のランクインが目立った。

 8位にパナソニックの「温水洗浄便座 ビューティ・トワレ DLEJX10」が初めて入り、9位にキヤノンの「コンパクトフォトプリンターSELPHY CP1200」が4月以来、再び登場した。
 

8位に初登場したパナソニックの「温水洗浄便座 ビューティ・トワレ DL-EJX10」

 温水洗浄便座は、中国では高い人気を誇る。しかし、本コーナーで掲載を始めた2016年3月以降のランキングでは、上位には1度も食い込んでいなかった。

 今回の結果について、TouchChinaの文抒統括マネージャーは「中国が夏休みシーズンを迎え、家族連れの訪日客が増えたので、家庭で使える温水洗浄便座に人気が集まったと考えられる」と話す。

 ランキング全体では、依然として理美容製品が目立つ。ヤーマンの「RFボーテ フェイスケア フォトPLUS HRF10T」は、これまで20位圏内に入っていたが、今回、初めて7位に浮上した。

 一方、3位までは、エムシービケンの「ビューティーバー」、パナソニックの「ヘアードライヤー ナノケア EH-NA57」、日立の「保湿サポート器ハダクリエホット&クールCM-N3000」となり、6月と同じになった。

 夏休みの終了に伴い、8月下旬から9月は訪日中国人が少なくなり、ランキングは大きく変動しない見通し。次の大型連休は、建国記念日に当たる10月の国慶節。それに備え、中国で大きな影響力のあるSNSなどをチェックし、需要の動向をしっかり見極めることが重要だ。
 
 
※『BCN RETAIL REVIEW』2016年9月号から転載

オススメの記事