オランダに本社を置くフィリップスは、全世界で、主力分野のライティング事業の分離を進めている。今後は、ヘルスケア事業に注力していく方針だ。日本法人のダニー・リスバーグ代表取締役社長は、ヘルスケア事業を推進するためのキーテクノロジーに「IoT」を挙げる。IoTによってデバイスだけでなく、医療システム自体を変革する――大きなビジョンを掲げる「会社の夢」を聞いた。