東映ビデオは8月28日、銀河鉄道999シリーズの新作アニメ「銀河鉄道999 ダイヤモンドリングの彼方へ」に、JAXAの宇宙飛行士、若田光一さんが本人役で出演することになったと発表した。

「銀河鉄道999 ダイヤモンドリングの彼方へ」(C)松本零士・東映アニメーション

 この作品は、鹿児島県観光課に事務局を置く観光かごしま大キャンペーン推進協議会と日本宇宙少年団(YAC)が制作しているもの。「宇宙・鉄道・夢」をテーマに、皆既日食のあった7月22日の鹿児島からはじまる壮大なオリジナルストーリーを展開する。原作者の松本零士さんがYACの理事長を務めていることや、若田さんも元YAC副団長だったという経緯もあり、今回の出演が決まった。

JAXAの宇宙飛行士、若田光一さん

 アフレコ収録は去る8月14日、日本時間の21時30分から、米JAXAヒューストン駐在員事務所と千代田区丸の内にあるJAXA東京事務所を中継で結んで行った。若田さんは今回の出演について「小さい頃から作品は好きで観ていたので、出演できたことを大変光栄に思っています」と語っている。

 作品は999秒(16分39秒)の短編。9月9日にシリーズ初のブルーレイディスク「銀河鉄道999 劇場版Blu-ray」を発売するのを記念し、同日開催される「銀河鉄道999映画祭 in 鹿児島」で公開。以後さまざまな場所での上映を予定している。

「銀河鉄道999 劇場版Blu-ray」ジャケット

 若田さんは作品の中で、宇宙飛行士を目指す少年がくじけそうな時、国際宇宙ステーションからの中継として、街頭大型ビジョンに映し出された若田さんからのメッセージを受け取り、宇宙飛行士への気持ちを強くする、というシーンで登場する。

若田さん登場シーン(C)松本零士・東映アニメーション