• ホーム
  • 業界動向
  • 消えたPCのデータを復元したい! そんな時に使えるソフトは?

消えたPCのデータを復元したい! そんな時に使えるソフトは?

特集

2009/03/13 12:00

 消えてしまったPCのデータを元に戻せたら…。あるいは、古いPCを処分するため、不要なデータを完全に削除したい。そんなニーズにマッチするPCソフトを紹介しよう。



 「BCNランキング」では、これらのソフトを「システムメンテナンスソフト」として分類しているが、「できること」はソフトによって様々だ。そこで今回は、特にニーズが高いと思われる、「データバックアップソフト」「データ復元ソフト」「データ消去ソフト」について、それぞれの用途と特徴を説明しよう。

→最新のシステムメンテナンスソフトの売れ筋ランキング週間月間


 「データバックアップソフト」とは、保存先を選ぶだけで、HDDを丸ごともしくは音楽・動画や、各種のメール設定など、ファイル単位でバックアップできるソフト。一般的にバックアップ先のメディアはCDやDVDだけでなく、USB接続のHDDなど様々な機器に対応する。万が一、PCが立ち上がらなくなっても、HDDのデータをDVD-Rなどにバックアップしておけば、簡単にデータを復旧できるというわけだ。

 代表的なソフトとしてはラネクシーの「Acronis True Image」シリーズや、アーク情報システムの「HD革命/BackUp」シリーズなどがある。

(左から)ラネクシー「Acronis True Image 11 Home」と
アーク情報システム「HD革命/BackUp Ver.8 Std」

 事前にデータのバックアップを取っていない状態で、不意に消えてしまったデータを復旧したい場合は、「データ復元ソフト」の出番だ。

 「データ復元ソフト」は、破損してしまった、もしくは誤って削除してしまったデータを文字通り復元できるソフト。PCでファイルを消去した時、実はHDD上の磁気データは上書きされるまではそのまま残る。データ復元ソフトは、この残されたデータを復元するソフトだ。ただし、磁気データが上書きされてしまっていたり、HDD自体が損傷している場合は復元できない。

 逆に、HDDから完全にデータを消去するのが「データ消去ソフト」。HDDに記録されたデータを、復元できないようにするソフトで、磁気データ上にランダムなデータを上書きし、データを復元できないようにする。使わなくなったPCを廃棄する際はもちろん、個人情報や機密情報をPCに残したくない場合は積極的に活用しよう。

 今回紹介したソフトは、普段はあまり重要性が感じられないかもしれないが、いざ必要になったときにそのありがたさが実感できる、いわば「転ばぬ先の杖」とでもいえるソフト。PCの困ったトラブルを未然に防ぐためにも、こうしたソフトを導入してみてはどうだろうか?(BCN・山田五大)

オススメの記事