[業務ソフト部門][申告ソフト部門]
中小企業向け業務ソフトの決定版
圧倒的な使いやすさがNo.1の秘密


 BCN AWARDが始まって以来、業務ソフトナンバー1を維持し続けているのが弥生である。同社の「弥生シリーズ」が、多くのユーザーから支持される理由はどこにあるのだろうか。そして、インターネットを活用した新機能とはどんなものなのだろうか。



■6年連続受賞の弥生

 6年連続、『BCN AWARD 』業務ソフト部門ナンバー1!・・「弥生会計」など業務ソフトの開発・販売を行う弥生は、小規模事業所向けでは圧倒的なブランド力をもっている。『BCN AWARD 2005』では、業務ソフト部門だけでなく、申告ソフト部門でもナンバー1を獲得し、2冠となっている。その理由は、ずばり製品の「使いやすさ」だ。

 専任の経理担当者がいない小規模事業所では、パソコンの操作に慣れていない人が会計ソフトを使うこともある。それだけに、経理やパソコンの知識がなくても使いやすいソフトであることが求められる。

 弥生シリーズは、こうした要件にマッチした製品だ。初心者向けには「導入アドバイザー」という動画ヘルプがあって、音声と実際の画面で、データの作成方法や作業手順を解説してくれる。

 しかも、「弥生会計05」では、インターネットを活用した新機能が付加された。仕事の流れが一目でわかる初期画面「クイックナビゲータ」に、「弥生からのお知らせ」と「よくある質問(FAQ)」の最新情報をネットで配信する機能を搭載。常に最新のサポート情報を入手できる。自社のデータをインターネットのデータセンターに預けられるデータリレーションサービスにも対応し、パソコンのトラブルでデータが消えてしまったといった事態にも対応することができる。

■ネット対応が資金調達にも威力

 さらに、インターネットに対応したことで、オンラインローンサービスの利用が可能になった。昨年、あおぞら銀行と弥生が共同で開発、提供を開始したサービスは、弥生の会計事務所会員「弥生PAP(やよいパップ)」と顧問契約を締結している中小企業を支援することを目的に、審査申込から借入申込までをすべてインターネットベースで実施できる第三者保証人不要の無担保ローン。しかも、赤字や債務超過企業でも申し込みが可能だ。企業にとっても最大の関心事である「資金調達」まで弥生会計が実現してしまうのだ。

 こうしたインターネットサービスは、「今後さらに強化していく」と弥生の平松庚三社長はいう。実は昨年12月、弥生はあの!ライブドアのグループ企業となっている。

 「ライブドアはインターネットサービスの最大手。2005年は、ライブドアとの協力関係を強化して、さらに新しいサービスの提供を目指す」という。果たして、今後どんなサービスが出てくるのか、2005年の弥生に注目だ!!(フリーペーパー・月刊「BCNランキング」創刊準備号掲載)