スタイラスペン市場、タブレット端末市場の回復で勢い取り戻す

アナリストPOSデータ分析

2021/10/04 15:00

 タブレット端末市場は一時、前年の半分ほどの市場規模にまで縮小したが、新iPadの発売により前年並みまで回復した。この動きは、スタイラスペン市場にも波及していることが家電量販店ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」で明らかとなった。


 スタイラスペンタブレット端末と親和性が高く、市場動向も連動している。スタイラスペン市場のメーカー別販売数量シェアをみると、アップルが4-5割、エレコムが3割程占めており、この2社で8割前後を占める。しかし、9月第3週(9/13-19)を境にアップルのシェアは伸びた。要因は第9世代iPadと第6世代iPad miniの予約開始に伴い、Apple Pencilの販売数が増加したため。翌9月第4週(9/20-26)にアップルのシェアは6割目前に迫った。

 Apple Pencilは第1世代と第2世代の2種類が併売されており、iPadのシリーズや世代により、対応するApple Pencilは異なる。そこで、どちらの世代のApple Pencilが売れているか構成比を算出してみた。
 

 まず、第1世代Apple Pencilは今回発売になった第9世代iPadに対応しており、数量構成比は4分の1程だ。一方、第2世代のApple Pencilはもともと6-7割占めていたが、第6世代iPad miniの予約が開始になった9月第3週に、前週よりも約4ポイントほど増加して74.7%、翌週も73.2%の構成比と若干だが構成比が上昇している。


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。


サンプルデータ 無料ダウンロード

この記事で使われたデータのサンプルをダウンロード可能です。 下記のデータをご覧いただけます。


  • スタイラスペン チャートデータ
  • スタイラスペン 機種別ランキング

※ダウンロードには登録が必要です。


オススメの記事