マザボ市場で10年ぶりに首位交代、ASRockがASUSを逆転

アナリストPOSデータ分析

2021/04/02 17:30

 マザーボード市場で10年ぶりのトップシェア逆転劇だ。2021年2月、マザーボードの月間メーカー別販売台数シェアで、ASRockがASUSを逆転して首位を獲得した。ASUSは11年4月から21年2月に至る9年10か月もの間、月間1位を維持していた。家電量販店ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」で明らかになった。


 直近の3年間、ASRockは常に30%前後のシェアでASUSを追いかけていた。19年7月には2.6%ポイント差まで肉薄したが、それ以降はなかなか差を縮められず、20%台に落ち込む場面もあった。しかし、21年1月に30%台に復帰すると右肩上がりでシェアを伸ばし、2月は33%まで上昇。3月には過去3年で最高の37.9%を記録してついにASUSを逆転した。ASRockが月間首位を獲得するのは11年3月以来で、10年ぶりの首位奪還だ。


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。


サンプルデータ 無料ダウンロード

この記事で使われたデータのサンプルをダウンロード可能です。 下記のデータをご覧いただけます。


  • マザーボード メーカー別販売台数シェア推移チャートのデータソース
  • マザーボード 機種別ランキング

※ダウンロードには登録が必要です。


オススメの記事