スマートフォン市場、年度末商戦に向け立ち上がる

アナリストPOSデータ分析

2021/03/22 11:00

 コロナ禍の中、スマートフォン市場は2020年とは異なり、19年とほぼ同等の水準で、年度末商戦に突入していることが家電量販店ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」で明らかとなった。


 19年1月1週(1/7-1/13)の販売台数を「100.0」として、スマートフォン市場の販売台数指数を算出した。まず、19年は2月2週から年度末の3月4週にかけて週を追うごとに指数は右肩上がりで推移、3月4週に「215.4」とピークを迎えた。しかし、20年はコロナの感染拡大により、小中高などが臨時休校などがあったため、新生活に備えてスマートフォンの買い替え需要は訪れず、ピーク時の3月3週でも指数は「131.3」にとどまった。21年は3月2週(3/8-3/14)時点でも一都三県に緊急事態宣言が発出されているにも関わらず、年度末商戦は19年と同等の水準で推移している。

 今月末にかけサブブランドによる安価な新サービスの提供が順次始まることもあり、今後年度末商戦が更に盛り上がる可能性は高い。


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。


サンプルデータ 無料ダウンロード

この記事で使われたデータのサンプルをダウンロード可能です。 下記のデータをご覧いただけます。


  • スマートフォン チャートのデータソース
  • スマートフォン 機種別ランキング

※ダウンロードには登録が必要です。


オススメの記事