2010年代が終わり、2020年に突入。実売データランキングで10年代を振り返る。ここではレンズ交換型カメラを取り上げる。

 まず「BCNランキング」2010年1月から2019年11月までの合算集計データによる実売台数ランキングは以下の通りになった。

 現在の国内のデジタルカメラ市場はピークだった2010年より7割縮小している。

 レンズ交換型カメラの2010年代ランキングをみると、やはりまだ市場の落ち込みが緩やかだった2010年代前半の製品が並んだ。最も売れた製品は2013年4月発売のキヤノン「EOS Kiss X7」。当時、APS-C搭載モデルでは世界最小・最軽量として発売されたキヤノンのエントリーモデルだ。EOS Kissシリーズの人気は高く、同シリーズが1位~3位までを独占した。

 ニコン製品で最高位の4位になったのは2013年11月発売の「D5300」。

 TOP10にはキヤノン5製品、ニコン4製品と、数では2社が人気を二分した結果だが、この2社が占める中にソニー「α6000」が入り込んだ。特筆すべきはTOP10内唯一のミラーレス一眼であること。まだ一眼レフが主流だった2014年発売の製品だが、現在まで続くソニー製ミラーレス一眼の人気の土台となる1台といえる。

 現在はミラーレス一眼を主軸にしてシェア争いを繰り広げる3社。2020年代は各社どのような製品を展開していくのか注目だ。

1位 EOS Kiss X7
発売月 2013年4月発売(キヤノン)

2位 EOS Kiss X5
発売月 2011年3月発売(キヤノン)

3位 EOS Kiss X7i
発売月 2013年4月発売(キヤノン)

4位 D5300
発売月 2013年11月発売(ニコン)

5位 EOS Kiss X4
発売月 2010年2月発売(キヤノン)

6位 α6000
発売月 2014年3月発売(ソニー)

7位 D3100
発売月 2010年9月発売(ニコン)

8位 EOS 60D
発売月 2010年9月発売(キヤノン)

9位 D3200
発売月 2012年5月発売(ニコン)

10位 D5100
発売月 2011年4月発売(ニコン)
 
EOS Kiss X7(左)、D5300(中央)、α6000(右)


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。