• ホーム
  • 調査・市場分析
  • NECと富士通の2社がTOP10を占める【2019年を実売データランキングで振り返る~デスクトップPC編~】

NECと富士通の2社がTOP10を占める【2019年を実売データランキングで振り返る~デスクトップPC編~】

実売データ

2020/01/04 12:00

 2019年のデスクトップPCを実売データで振り返る。「BCNランキング」2019年1月1日から12月15日までの合算集計データによると、デスクトップPCの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

 NECから4製品、富士通から6製品がランクインしており、TOP10は2社のみで占められた。

 その中でも1位から3位までがNECの「LAVIE Desk All-in-one」となっており、オールインワンタイプが人気を集めた。

1位 LAVIE Desk All-in-one DA770/MAB(NEC)
2位 LAVIE Desk All-in-one DA370/MAB(NEC)
3位 LAVIE Desk All-in-one DA500/MAB(NEC)
4位 FMV ESPRIMO FH FMVF77D1B(富士通)
5位 FMV-ESPRIMO FH FMVF90B3B(富士通)
6位 FMV ESPRIMO FH FMVF52D1W(富士通)
7位 FMV-ESPRIMO FH FMVF52C2W(富士通)
8位 FMV-ESPRIMO FH FMVF77C2B(富士通)
9位 LAVIE Desk All-in-one DA970/MAB(NEC)
10位 FMV ESPRIMO FH FMVF90C3B(富士通)
 
LAVIE Desk All-in-one


*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

 

オススメの記事