口コミは役に立つけど全てを確認していたらきりがない――。そんなあなたにドライブレコーダー利用者が次の買い替え時にどんな機能を重視して製品を選ぶのか、700人分の意見から見えてきたドライブレコーダーの必須機能とおすすめの選び方をお伝えします。

使ってみて気付いた「必要な機能」

 下図はドライブレコーダー保有者(701名)を対象としたアンケート調査結果で、現在利用している製品の購入の「決め手」と、買い替え時の「重視点」の差、つまり現在利用している製品の購入時には気にしていなかったが、実際に使ってみた後に、その必要性に気付いた機能となります。
 

 最も差が大きかった項目は「前方だけでなく後方も映る」機能で、買い替え時には後方撮影機能を重視する傾向が明らかとなりました。実際、事故は正面だけで発生するものではないと考えると、後方撮影機能は必要不可欠とみてよさそうですね。そのほかの項目では「駐車時録画機能」や「録画可能時間」「画角(視野角)」「衝撃センサー(Gセンサー)搭載」「360度撮影可能」が、必要な機能としてあがりました。

購入時に重視したい機能

 このアンケート結果から「広範囲に録画ができること、かつ、駐車中を含めた長時間録画」ができる製品へのニーズが高いことが分かりました。これらの機能の必要性を一度検討してから製品を選ぶことをお勧めします。(BCN・桑原優樹)

※調査に関するお問い合わせは「調査告知 BCN」で検索
※POSデータは無料登録で閲覧可能「POSデータサービス BCN」で検索