2017年10月にニュースで取り上げられたことをきっかけに需要が急増し、販売台数は前年の2倍超で推移。そこで11月にBCNが自主調査を実施したところ、自動車用に購入を考えている機器で「ドライブレコーダー」が33.4%と3分の1を占めた。しかし、購入できていない理由としてどの商品が良いかわからないという回答が過半数となっている。  今回は、ドライブレコーダーの利用者を対象として、購入のきっかけや設置の状況、購入チャネルに加え、今後買い替えの際に望む付加機能などについて調査を実施した。

調査概要
調査方法 インターネット調査
調査地域 全国
サンプル 1000
調査対象 ドライブレコーダー利用者
調査実施期間 2018年1月29日から30日の2日間
企画 株式会社BCN

価格
結果ローデータ+レポートセット 30万円(税抜)

目次
  • 属性
  • 総括
第1章 ドライブレコーダーの利用・設置状況と購入時の動向について
  • 1-1 自動車の購入状況と運転頻度
  • 1-2 運転時間とドライブレコーダーの購入者・利用者
  • 1-3 購入目的と設置時期
  • 1-4 購入チャネルと購入価帯格
  • 1-5 購入製品の決め手と利用期間
  • 1-6 購入に際して参考にした情報と内容
  • 1-7 設置・利用でのトラブルと解決方法、取り付け

第2章 メディアや容量、録画データの活用と付加機能について
  • 2-1 SDカードの容量と録画可能時間
  • 2-2 SDカードの容量とイメージ、録画について
  • 2-3 搭載機能について
  • 2-4 満足度
  • 2-5 不満点 -1
  • 2-5 不満点 -2
  • 2-5 不満点 -3
  • 2-5 不満点 -4
  • 2-5 不満点 -5
  • 2-6 録画データの活用と安全運転に関する意識
  • 2-7 360度撮影ドライブレコーダーの認知と認知経路
  • 2-8 360度撮影ドライブレコーダーの所有・購入意向と必要と感じる機能
  • 2-9 買い替え時の重視点
  • 2-10 買い替え時のメーカー
 
■お問い合わせ先
 株式会社BCN
 BCN総研 営業担当
 TEL:03-3254-7803
 Mail:dateservice@bcn.co.jp