米国時間の2018年9月12日に発表となる新型iPhoneについて、BCNは株式会社コロプラが提供するスマートアンサーと共同で、8月にアンケート調査「次期iPhoneへの買い替え意向」を実施した。スマートフォン所有者1068名のうち、買い替えを予定しているのは15.0%(160名)だった。このなかで37.5%がiPhoneを希望しており、なかでも次期iPhoneへの買い替えを予定しているのは、51.7%と半数を超えていることが分かった。

 

 現在メインで利用しているスマートフォンのメーカーのトップはアップルで、32.8%と約3分の1を占めた。以下、ソニーの23.6%、シャープの14.7%と続く(図1)。年内にスマートフォンの買い替え意向を示しているのは15.0%にとどまったが、買い替え意向者の37.5%がアップルを予定しており、ソニー(18.1%)の2倍の比率となる(図2)。
 

 そこで、次にアップルに買い替えたいとした回答者に対し、どの機種を検討しているか質問したところ、「次に発売される新しいモデル」が51.7%と半数を超えた(図3)。次期モデル発売後も現行モデルは併売される見通しで、そのなかでは「iPhone X」が16.7%、「iPhone 8」は15.0%とそれぞれ1割を超える比率だった。価格が下がることが想定される現行モデルも、引き続き人気があることを示す結果となった。
 

 次期iPhoneで現在想定されている情報としては、狭ベゼルであることと、3モデルが用意されることだ。そこで、どの新モデルに興味があるかを聞くため、「iPhone Xの後継(ハイエンドモデル)」「iPhone 8の後継(普及モデル)」「iPhone 8 Plusの後継(大画面モデル)」の3種類に「どれにも興味がない」を加え、iPhoneに買い替える予定の回答者(60名)に質問してみた。その結果、「iPhone 8の後継」の比率が最も高く38.3%を占めた。以下は「iPhone Xの後継」の30.0%、「iPhone 8 Plusの後継」の16.7%で、「どれにも興味がない」は15.0%だった。

 9月12日の発表を待たないと次期モデルの全貌は明らかにならないが、今回実施したアンケートからは、普及モデルが一番人気であることが分かった。発売後も在庫状況や価格によって、実売の状況に影響が出るかもしれない。