危険運転の報道以降、ドライブレコーダーの需要が高まり、販売台数は飛躍的に伸びた。市場規模は前年の2倍に達した後、需給バランスの崩れから若干勢いは失速したものの、販売台数の伸び率(前年同月比)は2ケタ増を維持している。そこでBCNはドライブレコーダーの利用者1000人に対し、購入のきっかけや設置状況、購入チャネル、買い替えの際に望む付加機能などについてアンケートを実施した。

 購入目的は「事故にあった時の記録」が9割を占め、最も高い比率。次いで「自動車の防犯」という理由が35.7%で続いた。「あおり運転など危険運転する人の対策」として購入したという比率も3割を占め、危険運転の報道に対するインパクトの強さが窺える結果となった。
図1 設置による安全運転への意識

 ドライブレコーダーを設置したことにより、利用者自身の安全運転の意識変化について質問したところ、その意識は「少し意識するようになった」(39.4%)、「とても意識するようになった」(22.0%)が続き、意識の高低にかかわらず、6割超が安全運転を心がけるようになっている(図1)。

 

上記リサーチに関する詳細、お問い合わせはこちら

 【BCN調査レポート】第2回ドライブレコーダー調査 報告書
 https://www.bcnretail.com/research/detail/20180620_64597.html


 株式会社BCN
 BCN総研
 TEL:03-3254-7803
 Mail:dateservice@bcn.co.jp