• ホーム
  • ライフスタイル
  • 今年の2月22日は「スーパー猫の日」! 日本初の実印として登録できる究極の猫はんこ「ニャン鑑極み」2月7日発売!

今年の2月22日は「スーパー猫の日」! 日本初の実印として登録できる究極の猫はんこ「ニャン鑑極み」2月7日発売!

新製品

2022/02/08 12:00

 城山博文堂は、2月22日のスーパー猫の日にむけ、文字の一部が猫の輪郭となった「ニャン鑑極み」(ニャンカンキワミ)を2月7日に発売した。
 

「ニャン鑑極み」(ニャンカンキワミ)

 同社が7年半前に発売した、名前の一部が猫の姿になった「ニャン鑑」は、累計3万本ほどを売り上げ、現在も同社の一番人気の商品となっている。

 「ニャン鑑」は認印・銀行印としての使用には問題ないが、印鑑条例の一文に「名前以外の情報(マークなど)が入っていてはいけない」とあり、実印として認めるかどうかの判断は各自治体に任されている。
 
文字となる線の一部を猫の輪郭に見えるようデザイン

 新商品「ニャン鑑極み」は、基本的に問題なく実印として登録できることを目指して開発が進められた。まずハンコにする名前を印相体(実印に使用されることが多い印鑑独特の書体)で表現し、文字となる線の一部を曲げるなどして変形し、その部分が猫の輪郭に見えるようデザインすることで対応した。
 
「ニャン鑑極み」デザイン例

 実際に同社社長がこの「ニャン鑑極み」で印鑑登録手続きをしたところ、問題なく登録できたという。

 猫の日(ねこのひ)は、1987年に日本の猫の日実行委員会が2月22日と定めた。今年は西暦2022年、2が重なったスーパー猫の日となり、この日に向けて「ニャン鑑極み」が発売されることになった。

 価格は、浸透印タイプが4000円から、印鑑タイプが5200円から。

オススメの記事